((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルブログ
ブックマークに溜まった怖い話を集約
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つきまとう女一覧
スポンサーサイト
契約
http://2ch-kowai.seesaa.net/article/144926483.html

296 :契約 ◆cmuuOjbHnQ:2009/05/06(水) 01:13:14 ID:???0
半田親子が榊家に保護されてから3ヵ月後、マサさんの回復を待って、千津子と奈津子に対する『処置』が行われた。
処置を行ったのは木島とマサさん、そして、以前、ヨガスクールの事件を持ち込んできたキムさんの知り合いの女霊能者だった。
天使
http://2ch-kowai.seesaa.net/article/144926030.html

258 :天使 ◆cmuuOjbHnQ:2009/04/30(木) 04:18:36 ID:???0
アパートの部屋に戻って一服していると、ドアをノックする音がする。
・・・もう、こんな時間か。
ドアを開けると大家のオバサンが若い女を伴って立っていた。
「金子さん、悪いけど、また、なっちゃんをお風呂に連れて行ってくれる?」
「いいっすよ。それじゃあ、なっちゃん、俺と一緒に風呂に行こうか?」
築40年以上のそのアパートには風呂がなかった。
最寄の銭湯まで歩いて10分ほど。
鼻歌を歌いながら歩いていた奈津子が俺の手を握ってくる。
手を握り返して顔を向けると、奈津子は童女のような笑顔を見せて握った手を振る。
半田 奈津子・・・彼女が今回の俺の仕事のターゲットだった。
 
幻の女
http://2ch-kowai.seesaa.net/article/144925474.html


149 :幻の女 ◆cmuuOjbHnQ:2008/11 /30(日) 07:42:22 ID:???0
どれくらい眠っていたのか、その時の俺には判らなかった。
だが、「ねえ、そろそろ起きない?私、もう行かなきゃいけないんだけど」と言う声で俺は眠りから覚まされた。
声の主は多分、アリサだったと思う。
頬に手を触れられる感覚で、朦朧としながらも俺は目を開いた。
眩しい白い光が俺の網膜を突き刺す。
徐々に明るさに慣れてきた俺の目は見知らぬ天井を見上げていた。
目が回り、吐き気が襲ってくる。
体が異常に重く、全身の筋肉が軋んで痛む。
状況が飲み込めずに呆然としていると、ベッドの横のカーテンが開き、見覚えのある女が俺の顔を覗き込んだ。
2・3年ぶりに見た顔だったが、姉に間違いなかった。
霧のかかった俺のアタマでは姉が何を言っていたのか判らなかったが、慌しい人の気配を感じ、俺は再び眠りに落ちて行った。
シャンバラ
http://2ch-kowai.seesaa.net/article/144925288.html

114 :シャンバラ ◆cmuuOjbHnQ:2008/10 /18(土) 05:59:23 ID:???0
そこはキムさんの持ちビルの一室だった。
照明は落とされ、明かりは蝋燭の炎だけだった。
ガラス製のテーブルの上には注射器とアンプル、アルミホイルを巻かれたスプーンが置かれていた。
キムさんが「大丈夫か?注射にするか?それとも、もう一度鼻から行くか?」と声を掛けてきた。
俺は、朦朧とする意識で「注射で」と答えた。
塩酸ケタラール・・・2005年12月に麻薬指定が決定され、 2007年1月1日より施行されたが、この時点では合法な麻酔薬の一つに過ぎなかった。へ向った・・・。
異界への扉
http://syarecowa.moo.jp/87/46.html



565 1 sage 04/11/06 07:53:10 ID:F6I4RtOm
建築法だか何だかで5階(6階かも)以上の建物にはエレベーターを設置しないと
いかんらしい。だから俺が前住んでいた高速沿いのマンションにも、当然ながらエレベーターが一つあった。
六階に住んでいた俺が階段を使うことは全くといっていいほどなかった。まあ、多分誰もがそうだろう。
来る日も来る日もエレベーターのお世話になった。階段は下りるならともかく昇るのはなかなかにツライ。
だが、ツライのは分かっていても、今の俺は専ら階段しか使わない。
ビッグバン目撃
http://syarecowa.moo.jp/213/48.html

658 本当にあった怖い名無し 2009/05/30(土) 11:02:00 ID:Jv3IMii+0
神か…

俺、初めて告白するけど、前世の記憶があるんだ。
それもただの前世じゃなくて、まっくらな何もない空間、突然大爆発が起きる。
その様子をほほえみながら見る老人。
俺は彼に「これはもしかして、ビッグバ…!?」と問いかけるんだが、
「ほほ…150億年もすればそちにも理解るじゃろうて」って…奴はほほえむ。

記憶はそこで途切れて、次に気がついた時には医者の手に抱かれていて、「元気な男の子ですよ」って
医者が言うとこから、今に至るんだが。

あれはもしかして…いや、まさかな…。書き込んでおいてすまん、
忘れてくれ。なんあら削除願い出してきてもいい。だがまさか…な。

風俗嫌い
http://syarecowa.moo.jp/194/37.html



424 本当にあった怖い名無し sage 2008/07/04(金) 17:11:41 ID:bMV2+Qrr0
しょうもない話なんですけど。
うちの職場、野郎ばかりなもんで、風俗がすごい流行って(?)るんですよ。
半休取って行っただの、ガチで2回イカせただの、まぁ大人になっても男ってのは馬鹿なもの。

だけど、どうしても行きたがらない同僚がいまして。
そういう話になると話を変えたり、フッといなくなったり。
そこまでクソ真面目なやつでもないし、ソッチ系ってわけでもなさそうなので、
みんなの共通の疑問でした。

それでいつかの飲み会のとき、3次会だか4次会だかで、思い切って聞いてみたんです。
(大体風俗に流れ込むので、3次会まで行くことが少ない)
最初は話したがらなかったんですが、酒の力もあってかようやく重い口を開いてくれました。

彼も一応、25くらいのとき、お客さんに連れられて風俗デビューしたそうです。
(俗にいうヘルスってやつ)
ワクワクテカテカして好みの娘選んで、いたれりつくせりで、『こりゃスゲェ世界だ』と思ったそうです。

でもほら、暗いじゃないですか。 ああいう店って。
コトが終わったあとのおしゃべりタイムでまったりしてたら、なんとその娘。

実 の 姉 だ っ た そ う で す

もう気まずいなんてもんじゃない。
姉弟でCHINやらMANやらが大変なことになっていたわけです。
飲み屋でバイトしてるって言ってたんだ…と言っていました。
気づけよっつー話ですが。

それ以来、風俗とかそっち関係を目にすると吐き気がして全然ダメなんだそうです。
笑いたくて仕方なかったですがさすがに悲惨なので必死に我慢しました。

皆さんも暗がりと姉妹のバイトには気をつけて下さい。

父の教育
http://syarecowa.moo.jp/229/77.html


897 同人板から sage 2009/10/12(月) 17:53:56 ID:3we/tmP/0
534 :1/2:2009/10/12(月) 15:44:46
ネタ乙と言われてしまいそうだが、ネタだったらどんなによかったかという話吐き出し。
フェイクあり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。