((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルブログ
ブックマークに溜まった怖い話を集約
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠されてた箱
622 本当にあった怖い名無し New! 2009/10/04(日) 21:27:56 ID:mgqhmySCO
怖い話というか質問いいですか?普段はオカ板見ないんでどこに書き込めばいいのか分からないのでこのスレをお借りします。
先月祖父が逝去し祖父が自室として利用していた部屋を兼かねた蔵を父と一緒に整理していたんですよ。
お恥ずかしながら悪い意味で古い家なもんで倉も老朽化が激しく、この機会に蔵を取り壊して新しく小屋を建てて中にある物をそちらに移そうという話になりました。




まあ蔵の中にある物は着なくなった祖母の着物や毎年おかんが作ってる梅酒他、オカ板とは全くかけ離れた物ばかりです。
中の物を座敷に運ぶ作業も滞りなく進み、先週木曜日には蔵の取り壊してが始まったのですが、作業が始まってすぐに現場監督さんが母にまだ運び終わってない物があると言ってきたみたいなんです。
自分が仕事から帰ってきてから母からそう言われ、そんなはずはないと確認しに行くと、ショベルカーで壊された部分に幅40cm、縦2m、奥行き1m位の部屋とも言えないような隙間があったんです。
押し入れのようなスペースと壁との隙間にあったその小部屋?は出入り口もなく、当然自分もそんな場所があるとは知らなかったので驚きました。


626 本当にあった怖い名無し New! 2009/10/04(日) 21:58:30 ID:mgqhmySCO

中には何かまだ物が残っているという事でしたが既に日も沈み暗くなっていて足元も見えないような状況です。
そんな状況で自分の勝手な判断で蔵に入り壁が崩れでもして怪我をしたりしたら色々迷惑がかかると思い父の帰宅を待つ事にしました。
九時過ぎに父が帰宅し、その小部屋?の事を話すと、どうやら父も知らないようでした。
とりあえず中の物だけでも確認しようかという話になり、かなり古い蔵だしもしかしたら蔵を建てた先祖が隠した隠し財産か!?なんて冗談を言いながら懐中電灯を持って父と蔵に向かいました。

二人で蔵の外からショベルカーが壊した壁をのぞき込むと、中には30cm×30cm×30cm位の漆塗りのような色合いの箱が置いてありました。
遺骨…それが自分の第一印象でした。
父もあまりいい感じを受けなかったらしく、どうしようかと相談した結果、このままにしておいても蔵の取り壊しの邪魔になるだろうからとりあえず箱を出そうという話になりました。
崩れかけの壁に気を向けながら小部屋?に入り、箱を座敷に運び出しました。
…実は座敷まで運ぶ間、この箱何なんだろうな?と笑っている父には言いえせんでしたが、自分が持っているこの箱は明らかに普通じゃない物だ、と直感で感じました。

霊感なんて全く無いと自信を持って言える自分がこれだけ何かを感じるくらいだから余程だと思います。
座敷の襖を開き、漸く箱を置き、妙に疲れたのでその日は夜更かしもせずにすぐに寝ました。


629 本当にあった怖い名無し New! 2009/10/04(日) 22:32:59 ID:mgqhmySCO
続きです。
次の日、いつも通り会社に行き、いつも通り喫煙室で一服していると、携帯が鳴りました。
着信を見てみると父からでした。
なんだ?と思い出てみると、まくし立てるように家に戻れと言われました。
いや、仕事忙しいし無理だ、と言ったのですが、俺もすぐに戻る、頼むから戻ってくれ!と半ば半泣きのような声で懇願され、ふとあの箱の事が頭をよぎり事務所に体調が優れないと早退届を出し(部長サーセンww)急いで家に戻りました。
あと家まで1km位の場所で再び父から着信がありました。
車を止め父に何があったのか聞くと、やはり予想通りあの箱の事でした。
父が出社して同僚に家の蔵で妙な箱を見つけた、と言ったところ、同僚から家族を死なせたくないなら今すぐ神社に持っていけ、仕事なんてしてる場合じゃない!と激怒されたらしいのです。
冗談だと思って笑い飛ばすと、同僚は箱の中に入っている物の正体を教えてくれたそうです。

父は自分には言いませんでしたが、あの見たこともない父の様子、そして自分が箱を持った時に感じた悪寒から大体の予想はつきました。
電話を切るとすぐに家に向かい、どうしたの!?と尋ねる母の問いに応えもしないで箱を地元で一番大きな神社に持っていきました。
神社には父か父の同僚が連絡を入れていたらしく、既に神主さん?が待っていました。
何も言わずに箱を受け取ると、めちゃくちゃボロボロの人のような形をした小さな御守りを家族の人数分渡されました。
神主さん?曰く、この箱は呪いの塊だ、蔵には隠していたのではなく恐らく封印していたのではないだろうか、という話でした。
家に戻ると父が憔悴しきった顔で待っていました。
神社に箱を預けた事を伝え貰った御守りを渡し、二人でもう一度例の小部屋?を見にいきました。
すると前の日は暗くて気づきませんでしたがその小部屋?の床には何やら梵字の様なものが書いてありました。
本当に封印されてたのか…と思い、とりあえず業者さんに蔵の解体作業の再開をお願いしました。

でも正直信じられません。自分の予想通り箱の中身が人、もしくはその類のものであり、そんな物があるのですか?そしてそれを使って人を呪うなんて事も。
自分の家以外にも似たような物があるんでしょうか…



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。