((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルブログ
ブックマークに溜まった怖い話を集約
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんとくさま
今日の大河ドラマ義経で、壇ノ浦合戦平家が滅亡しておりました。
まぁそれはそれとして岩が発泡スチロール丸出しだったねという話はさておき、安徳天皇というとどうしても『あんとくさま』を思い出さずにはいられないわたしです。




『あんとくさま』とはある平家の末裔である村で祀られていた蛇神様で、二位の尼と友に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇の御霊が蛇神になって、村人に恐れられつつ祀られているというもの。
最後には大きな海蛇に人の顔がついたようなあんとくさまが村長を大きなお口でぱくりと呑み込み、津波に飲み込まれて村は滅んでしまったという話でした。夜刀彦という蛇神の子供だとか言われていた少年の身体には、蛇のうろこのような痣がありまして、最後には蛇の抜け殻のような皮だけを残して消えてしまったのです。

安徳天皇がヤマタノオロチの化身で、草薙の剣を取り返しにきたんだという昔の伝説話もありますし、そもそも夜刀という名も蛇のことを指していて、まさに蛇蛇尽くしのお話だったのですが、『あんとくさま』の顔が本当に怖かった。目とお口がぱっくりと開いてる。
未だに忘れられないある意味トラウマ漫画です。でも記憶が余りにも古すぎて微妙に話が『海神祭の夜』と混じってるような気がしないでもないでもない。

というわけで、このあんとくさまで一般に有名なのが、諸星大二郎の『海神祭の夜』(妖怪ハンターシリーズは大層面白い)なのですが、わたしが昔読んでガクブルしたのはこの海神祭の夜ではないのです。
長谷川何とかという人が、同じくそういった土着の民間伝承や怪奇話などを超マイナーな雑誌に描いていたのですが、何でかタイトルもその雑誌名もよく思い出せない。あんとくさまでググってみても、やはり出てくるのは諸星版の方ばかり。それともウチが何か勘違いして海神祭の夜を別の話だとでも思い込んでいるのか。
「あんとく様お許しを!」ってどっちで聞いた台詞だったっけか、やっぱりどこかで話が混じっている。で、そのタイトル失念の本はともかくとして、諸星大二郎の『海神祭の夜』はどこかにあるはずなのですが、こんな時に強く思うわけです。本棚はちゃんと整理したほうがいいよねと。
見つからない、ああああすっきりしないぃぃぃぃ。

諸星大二郎で夢に見そうだったのは『おらはらいそさいくだ』です。
…再びサルベージの旅に行ってこよう。

※謎が解けた!

長谷川哲也著
『神幻暗夜行』(絶版)だ!
でもやっぱり話が混ざってるような気がするというか、考えれば考えるほどあんとくさまは『海神祭の夜』のような気がしてきたぞぅぅぅぅ。
…頑張ってほっくり返して話を確かめよう…(むしろそれが一番の難関)

ところでこの長谷川哲也、神幻暗夜行の時は諸星大二郎系な絵柄だったのに、今はナポレオン~獅子の時代を描いている人だったのですね。
本屋で見て何この原哲夫が描いたナポレオンというぐらいに絵が変わってたので、まさかあの神幻暗夜行の人だなんて思いつきもしやしませんでした。

とりあえずちょっとだけすっきり。

http://yunpey.blog11.fc2.com/blog-entry-130.html
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。