((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルブログ
ブックマークに溜まった怖い話を集約
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山で怖い思いした話はなすわ、オカルト方向で ②

15 :名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)13:14:32 ID:ofo(主) ×
山岳姫「……ちょっと、いつまで騒いでいるのよ」

会長・俺ら「あハイ……」

山岳姫「山の神様だったらどうするの?罰が当たるわよ」

俺「そういうこと信じているんですか?w」

山岳姫「な!違うよ。ほら、皆もサッサと行くよ」

そう言ってドンドン山岳姫は皆を連れてその場を去って行った
ただそこら辺から妙にジメジメとし始めて、だんだんと自然に皆の口数が少なくなってきた

その時の俺の体調だけど
よく分からないけど意識が無くなり淡々と足を動かしている様な感じ?
意識しないと疲れすら忘れてしまうような感じに俺はなっていた。

後続を歩く俺らは「なんか変な感じしね?」「するする」「祟りじゃー」とか言って
先行する女子に「変なこと言わないでよ!」とか怒られ、シュンとなるのを繰り返してた

そんな中、どんどんB子の体調が悪くなって行ってた。
と言うより、なんか顔色が悪くなっているのはそうなんだけど、やけに辺りをキョロキョロしていた。

会長「B子さん、具合悪そうだけど大丈夫?」

山岳姫「えっ、あ本当だ。唇の色悪いよ」

B子「は、はい……平気です、けど……」

みんな「ん?」

B子「さっきからコッチ見ている人いる気がするんです」

皆慌てて周囲を見渡すが、木、木木岩、木木岩岩、木木木と言うような感じ。
見通しは悪くはなかったから人が居れば誰でも気がつくと思う。

山岳姫「あれじゃない、動物の視線じゃないかな?ww」

女子「お猿さん居るのかな」「狸がいいなー」「私は狐がいい」

山岳姫「クマ……じゃなければいいわ」

全員「(-_-;)う、うん……」

16 :名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)13:20:32 ID:ofo(主) ×
B子「それに躓いた所がズキズキし始めて。さっきまで平気だったのですが」

山岳姫「え本当?ちょっと見せてみて」

長ズボンを脱がなきゃいけないから、男子勢の会長・俺らはそっぽを向かされる。
その時会長が「あれ?」と何かを遠目に見ていた。

後ろでズボンを脱ぐ音が聞こえて、途端「キャー!」とB子と他女子の悲鳴が聞こえた。

ビックリして俺らは振り向く。すぐに女子たちに「な、何見ているのよ!」と怒鳴られ、
同時にB子を隠されたがハッキリとB子の足を見てしまった。

ふっくらとしていて可愛らしい足だったんだけど、
右足だけ腐りかけの豚肉みたいな色になってた。
もろに青い血管の筋が見えて、同時に血の気のない青白い肌。
ひと目で「これはただ事ではない」と感じた。

山岳姫だけは悲鳴を挙げずに「痛くない?ズキズキするだけ?」と何度も訪ねていて
B子は「は、はい」と答えていた。

多分やりとりは↓だと思う。

「感覚はある?」「あ、あります……」
「冷たかったりしびれは?」「な、ないです……」
「なにか異変はない?」「ズキズキするだけで」
「歩けるの……ね?」「う、動きはします……」
「休んだ方がいいかな?」「へ、あはい……」

19 :名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)13:42:25 ID:ofo(主) ×
結局、B子の様態が回復するまで俺らは休憩になった。
女子達はB子の周りに集まって「大丈夫?」「骨折なんかな?」とか行っていて

山岳姫と山岳についてかなりガリ勉していたC男の二人が話し合っていた。
C男の両親も昔は登山をしていたらしくテストも俺らの中で最優秀だった
だから意見求めて山岳姫に呼ばれたのだと思う

俺らはというと、女子たちの飲み物を用意したり、ブルーシートを広げたり、変に呑気になっていた。
いや内心パニックになっていたがB子に近づくことは許されないし、
女子達が妙に団結を深めてしまっていたので「助けを求められたら全力で動こう」と言うスタンスに切り替えていた。

途中会長が「クマって木に登るかな?」と言い出した。
俺らは「登るんじゃなかったかな?」「く、クマ居ましたか?」と聞くと

チラッと盗み聞きしていたのか、今回の山岳にかなりノリノリ&肉体改造に成功していたD男が会長に何かアイコンタクトを送った。
ものすごくジッと「言うな!」と言う感じだった。
会長「いやなんでもないよ、ごめん」と謝る。

そんな不可解な状況になっていると、山岳姫が「ちょっと何人かこっち来てー」と呼んだ。
俺らと、女子の方から6人ほど山岳姫の元へ集まった。

山岳姫「やっぱりB子さんのあの足は異常だと思うの」

みんな「ですよね」と分かり切った表情で話を聞いていた。

山岳姫「救援を呼びに行こうと思うの
 私たち無線機持っていないし、あの様態のB子さんを動かすわけには行かない。
 かといって私たちが動かないと事は進まないから」

皆の顔が真剣になって行く。

山岳姫「今C男君と話したけど、多分私たちは此処ら辺にいる。
 もう少し行けば目的地に着く。あれならすぐ横を進んで山道に出てもいいと思うわ
 今きた道を戻るよりは確実に早いはずなの。」

皆「・・・あの」「あれ?」と声があがった。

山岳姫が提案したルートは少し変だった。
と言うのも、山岳姫が説明したルートと今きた道を戻るのは差がなさそうに見えていた。
アレコレ結構説明してくれたんだけど、微妙に納得できなかった。

山岳姫「あ、あの変な場所通らないで済むのよ」

その言葉で全員大きく納得した。
確かにあの変な地蔵地帯を通るのは嫌だった。だからそう提案したのだろう。
その時は俺はそう思っていた。

28 :名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)14:02:31 ID:ofo(主) ×
その後、山岳部のメンバー3人とC男、まだ経験が浅いからと誘拐されていた残りのE子
計5名が救援を呼びに行くグループになった。

本当は散歩的な登山とは言え、初登山の初心者である俺らも帰される予定だったが
流石に会長と俺は反対し、男手があったほうがいいだろうと認めてもらった。

見た感じD男も行きたそうにはしていたが「お前らみたいな男に任せられない」と
ギャグみたいなことを言って残ってくれた。

山岳姫「私はこの中で一番経験あるし責任あると自負している。だから残る」

そう言ったあと、救援を呼びに行くグループが一度集まって話し合った後、出発した。

再びB子の周りに女子や山岳姫が集まっている感じで、
蚊帳の外の俺らは少し離れた所で辺りを見渡していた。

またしても意識を失うと言うか思考が停止するか、先ほどみたいな状況になったのか
もしくは危機感が無くなり暇を実感し始めたのか、俺はボーッとし始めた。

会長「おい、オレ君どうした?」

そこでハッとした。いつの間にか俺は立ち上がっていた。
山岳姫に思わず相談すると「斜めの場所にいるから感覚がおかしくなっているんじゃないの?」と軽く言われた。

ただ右足が歩き出そうとしていた気はしていた。

男グループに戻ると、会長とD男が何かをコソコソ話し合っていた。
二人は俺に気がつくとその話をすぐにやめた。

ちょっと仲間はずれにされイラッとはしたが、すぐにどうでも良くなり再び座り込む俺。

会長「うーん……、ちょっと山岳姫さんに会いに行ってくる」

今度は会長が立ち上がり、山岳姫の元へ。

山岳姫のそばに行くと会長はB子さんに「大丈夫?」と声をかけた後、
山岳姫さんの小声で何かを伝えて二人は少し離れた場所へ行った。

30 :名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)14:11:18 ID:ofo(主) ×
会長が何かを言うと、山岳姫が「えっ」と言った顔をした。
そこで会長が何かを話、山岳姫は頷いていた。

そこで会長が走り戻ってきて。

会長「何もしていないのはアレだから、すこし立って辺りを見渡しておこう!」と提案してきた。
D男は分かっていたのがすぐに立ち上がり、俺も後に続いた。

残った女子たちが「えー何やっているのよ」と、状況に慣れてきたのか笑っている。

会長「男なのでレディーは守らないと」

プッと数人の女子が笑う。
会長は突然キザな男子を演じてナンパする人で有名であった。
それをこんな空気で発動させたのは、会長なりの配慮だったのかもしれない

見回りと言っても、三人がB子を中心に少し離れた所にたち、漠然と周囲を見ているだけだった。
一応東西南北を意識していて、俺らが見ていない方向は山岳姫が見ていたと思う。

木と岩しかない変化のない景色が数分続いていた。
だから奥で何かが動いた瞬間、すぐにそこに注目できた。

俺は何だあれと動いた物を確認する。

確実に何かがコッチを見ていた。おそらく人だと思う。
当時は視力に自信なあったし遠くまで見えるつもりだったのだが、
その『おそらく人な物体』の顔がボヤケて全然見えやしない。

山岳姫「俺君!!!!!」

ものすごい大声で山の中に山岳姫の声が響き渡った。
そこでハッとすると俺は木に激突しながら歩こうとしていた
ポケモンで壁に激突しながら歩き続けているあんな感じなアホな感じである。

山で怖い思いした話はなすわ、オカルト方向で ③へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。